■プログラミング

子供のプログラミング教育【意味あるというより必須な話】

■プログラミング

 こんにちは黒部です。
2020年にプログラミング教育が小学校で必修化されました。この内容と子供たちの将来への意味について現役エンジニアが考えを述べます。結論としてコンピュータについての最低限の素養を身に付けていけることが将来的に必須であるということをお伝えできればなと思います。

プログラミング教育の必須化とは

プログラミング教育の必須化の内容

プログラミングという「教科」ができるわけではない

 そもそも必須化とありますが、国語、算数、理科、社会のようにプログラミングという「教科」が新しくできるわけではありません。算数や理科、その他の既にある授業の中で実践されることになっており、具体的な方法や時間については学校判断となっているようです。

プログラミング言語を学ぶわけではない

 プログラミングというと難しいプログラミング言語でコードを書くことをイメージしてしましますが、文部科学省の方曰く、いわゆるプログラマーを育てるのが目的ではないとのことです。

プログラミング教育の目的

 小学校の新しい学習指導要領では、以下の2つの学習活動が定められています。
・児童がコンピュータで文字を入力するなどの学習基盤として必要となる情報手段の基本的な操作を習得するための学習活動
・児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身につけるための学習活動

 エッセンス的には、①簡単なコンピュータの操作方法を子供のころから慣れ親しみ、②論理的思考力を養わせましょう。といった感じです。

 今後世の中は今以上にコンピュータと融合していくので、素養を養いましょうということです。これだけではまだ今いちピンとこないですよね。

プログラミング教育で育つ子供の将来性

社会的背景とプログラミング教育が子供に与える好影響

 先程ピンとこなかったのは、本当に将来役立つのかどうかという点だと思います。
文部科学省の学習指導要領からすると、プログラミング教育=IT系人材の育成ではないということが分かります。しかしながらあえてプログラミング教育としているのには以下の社会的背景があり、将来必要だからだと考えられます。

世界中どんな仕事を選んでもコンピュータに強い人材が勝つ

 コンビニでの支払いから銀行取引、受験、就職活動、農業、工業、医療などあらゆる分野でIT化が世界中で加速度的に推進されています。間違いなく子供たちが自立する10年後には今以上のIT社会です。もはやコンピュータに無知であるがゆえにコミュニケーション能力にさえ差がついてしまいます。
 さらには昨今のニュースをみると、『受験』『就職』でコンピュータに関する知識が徐々に問われることになっていくことが予想されます。

今後は情報格差が広がる。コンピュータリテラシーは必須。

 今後はさらに知識のある人とそうでない人との差が広がります。スマホは使えるけど、その構造や仕組みが分かっていないというケースが増えます。
法律や経済の知識を少し知ってるか知らないかで人生が大きく変わってしまうのと同じで、コンピュータを使った情報技術も人生に必須の教養となり、詳しくないとものすごく損をする世の中になってきます。
 コンピュータリテラシーの最低ラインがぐっと上がった世の中となるはずです。

子供の学習能力が総合的に向上する可能性あり

 一般的には「論理的思考力」が身につく言われており、確かに重要な素養です。プログラミングを実際に勉強した立場からすると、学ぶ段階であらゆる試行錯誤を行ったり、多様な角度から問題を考えるので、学習能力が総合的に向上して他の教科も伸びるという効果も見込めると思います。

子供にプログラミングを教える方法

子供用のプログラミング教材を活用する

 ブロックを組み立て、プログラミングでロボットを動かせる子供向け教材などがおすすめです。ロボットの動きを子供自身で考える課題が多いため、発想力や思考力がどんどん身につきます。たいていの教材は、コードを書く必要もなく、日本語の直感的な操作で、親子ともにパソコン初心者の方でも簡単に動かすことができるようになっています。

プログラミングスクールに通わせてみる

 オンラインで受講できる講座がおすすめです。座学だけでなく、実際に手を動かしながら学ぶのが大切だと思います。一人一人のレベルや興味関心に合ったスクールを選びましょう。また、継続させるためには、保護者も一緒に学んで情報や感情を共有することがコツです。

この記事はここまでです。
子供にプログラミング教育を施すことはこれからの時代を見据えると非常に重要なことだと思います。